徹底比較!看護師に必要な資格「看護師国家試験」の種類と難易度

ライター:鈴本 鈴

徹底比較!看護師に必要な資格「看護師国家試験」の種類と難易度

看護師になる為には厚生労働省医生局の監修で行われる「看護師国家試験」に合格する必要があります。
看護師の資格の種類や、試験の難易度、取得方法についてご説明します。

看護師に必要な資格「看護師国家試験」

看護師の資格ってどんな種類があるの?

看護師には、准看護師・正看護師があり、さらに学習をして国家試験を受けることで保健師・助産師になることができます。
准看護師と正看護師の違いは臨床の場では大きな違いはなく、資格を認めているのが国か地方自治体かという違いです。

正看護師には、日本看護協会が認定資格を出している認定看護師というものがあり、更に大学修士課程を終了してあら取得できる専門看護師というのがあります。
認定看護師とは、役割的には所属している病院や施設の看護ケアにおける実践・指導・相談が役割になり、看護実践の質の向上に関わることになります。
専門看護師は大学修士課程修了者であることが必要です。役割的には実践・相談・教育・調整・研究・倫理調整などが挙げられていて、認定看護師よりも幅広い日本の看護の質の向上が求められるようになります。

両資格とも、看護師資格が取れてからすぐに学びを続ければ取得できるものではなくて、一度看護の現場に出てみて自分の興味なる看護分野が見つかって、更に体験をしてみて学びを深めるための資格となります。

そんなに難しくない?看護師の資格の難易度

看護師国家試験の難易度は高くありません。
大学、専門学校などの授業をしっかり受け、全国模試で中間程度の結果を得ていれば合格するものです。

試験に臨んでは、過去問をこなして傾向を掴んでいれば問題ないものです。
2年前に試験問題が作成されるので受験時の2年前の医療トピックスを振り返っておくのも必要になります。
また、マークシート形式になっているので、試験時は落ち着いてマークミスがないことを注意してください。




働きながら看護師になるには…通信で看護師の受験資格を目指す方法

現在、看護師になるには看護師国家試験を合格する必要が有り、看護師になるために必要な就学を受ける必要があります。

その為、全日制の看護学校に行く以外に方法はないのですが、准看護師の資格を持っていると違う選択肢があります。
通信教育を受けながら看護師国家試験資格を取得することができるのです。

必要な単位数を取得すること、面接授業(スクリーニング)、実習はペーパーペイシェントと病院見学で学んでいきます。
これには放送大学とタイアップしている学校がほとんどです。

放送大学では看護師国家試験に必要な31単位を取得することができ、通信教育により残りの34単位を取得すれば看護師国家試験の受験資格を得ることができます。

准看護師から正看護師になる方法

准看護師から正看護師になるには、正看護師になるための看護学校への入学が必要になります。
正看護師へ進むための就学を終了することで、看護師国家試験受験資格を取得することができ、国家試験合格して正看護師となります。

この准看護師から正看護師になる為の学校は「進学コース」と呼ばれる学校であり、現在は学校数が減少している傾向にあります。
勿論、上述したように通信講座で国家試験受験資格を取得する方法も取れます。

進学コースには2年制と3年制がありますが、2年制は全日制であり、3年制は働きながら通うことができます。
どちらに進学するかは就学中の経済状況が一番のネックになると思います。
この2年制と3年制の違いは「全日制」か「働きながら」かの違いだけです。卒業後もお給料などに違いはありません。




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ