産業看護師って何?通常の看護師との違いや仕事内容

ライター:鈴本 鈴

sangyou

産業看護師について、通常の看護師との仕事内容の違いや、産業看護師になる為に必要な事などをご紹介します。

産業看護師の概要

仕事内容や雇用形態は?

産業看護師は看護師や保健師という資格を持った上で、どこで働くのか?ということが呼び名に影響しています。医師にも産業医という人がいて、同じ国家試験の資格を得ている医師に違わないです。これと同じ原理です。医療施設以外の場所で、例えば企業や工場などのその施設だけで健康管理を行う看護師のことになります。例えて言えば「会社の保健室の看護師」みたいな感じになります。

最近では精神的ストレスに悩み身体的症状などをきたしている人もいるので、早期対応が求められます。医師への受診相談なども業務内容に入ってきますが、それよりは「予防管理」が主な業務となるでしょう。雇用形態としてはほぼ常勤だと思ってください。産業医は不在の時があるけれど、企業看護師は企業の一従業員として仕事が「従業員の健康管理」という業務内容になっていると思ったほうが良いです。

給料、年収は病院勤務の看護師と比べて違う?

私の友人で7年で大学をやめて、次に「日立鉄鋼」の抱えている病院に就職をしたそうですが、就職は1職員。その技術料として看護師料がつくので、基本給は20万を切る新卒と同じ給料であったという話を聞いたことがあります。ここで、お伝えしたいのは、私たち看護師が病院で働くときは、看護師への基本給決定でっあったと思うのですが、企業に入ると1従業員なので看護師資格のお給料が基本給に追加されることになります。これは、月で頂く月給にはあまり不都合はないのですが、ボーナスとなると話が変わります。

なにせ、基本給は看護師手当が入っていない額ですから、当然、基本給から割り出されるボーナスは今までの金額の計算はできなくなると思いましょう。

産業看護師の資格

資格の内容、普通の看護師と違う?

産業看護師の仕事は、看護師資格でなれるところもあれば保健師資格を有している人を探している時もあります。保健師として働くと公務員になることが多いので、安定を考えるとそこちらを選ぶことが多いのですが、2000年の初めに、職場の健康管理をしっかり取りしまうことが必要です。とのお触れが出たので、どこの職場も中規模以上であれば、保健師、看護師を配置することになると思います。

看護師本来の仕事を病棟での、病院での看護業務と捉えると、産業看護師は「その組織で働く人たちの健康管理」が対象になるので、少し印象が違うかもしれません。また、医師も常在している場合と、週に何日か来る、などの体系が違いますの。さらに、産業看護師は大体が組織にひとりが多いので、ある程度、自分の看護に自信を持っている人が必要です。

最近はメンタルフォローを求められることがありますから、なにか資格を取っておくことも大切かもしれませんが、事故にあったァーーーーっと、会社に帰ってくる人もいないでしょうから、外科的な迅速な処置が必要なことも少ないです。

資格を取得するためには?

基本的に必要な資格は「保健師」「看護師」ですので、この資格を有していたら他には必要ありません。それでも、就職に有利になるのに、メンタル面のフォローができること、さらに保健指導として生活習慣病の指導ができること、健康診断のデータまとめがあるのでパソコンも使えるに越したことありません。

また、精神面の資格を有したほうが生かしやすいのですが、もともと、20000年前後ぐらいから、バブル弾けて仕事うまくいかなくなって、精神的に病んでいく方が増え、自殺も増えている背景から厚生労働省は「心理相談員」という資格を作りました。もちろん社会の中での問題解決、組織の雇用者たちの問題解決のためです。

医師には、「産業医」という立場の人がいて、実際に九州にある産業医科大学というところが、将来産業医になるなら奨学金を返さないでいいよ。みたいな制度があります。しかし、産業保健を推進したいところは、地方、僻地であるので、あまり行きたがらないらしいです。また、日本看護協会認定の産業看護師の認定資格はありませんが、日本産業衛生学会産業看護部会の規定する「産業看護基礎コース」の全過程を終了し、産業看護に関して十分な知識や経験を認められると、日本産業衛生学会が認定して「産業看護師」と名乗ることができます。

対象は看護師と保健師のみ。准看護師は対象にならないそうです。しかし、多くの場合は産業看護師認定の資格を必要としていないことがあります。(認定資格が学会であり、認知度も低いためかもしれません)

産業看護師の仕事の事例

○○に勤める△△さんの1日のスケジュール例

産業看護師として働いているのであれば、出勤は8:30~9:00ぐらいだと思います。一人で行うことばかりだと思いますが、まずは、社員からの連絡が来ていないか?業務連絡は来ていないか?などのチェックになるでしょう。その後に一日の計画を立てる必要があるでしょうが、大半は健康診断の結果からの面接事項確認をし、行動じゃないでしょうか?看護の内容については、どんな状況か?に限ります。

産業看護師の仕事はズバリ「予防」ですので、現在の身体的状況が悪化しないように健康管理をするために、こちら側として何をするか?ということが必要で、成果を出していかないといけない仕事です。従業員との面談などの無理な時間計画を立てていなければ、残業はほとんどないと聞いています。

大変なこと、求められる役割とやりがい

現在、日本の法律において、企業内の人員健康管理が義務つけられていますので、産業看護師という役割が出てきましたのが時代の背景です。大変なことと、やりがいは同じことかもしれませんが、1従業員の立場で、全従業員の健康管理を任されるため、大変だし、ある意味やりがいがあるという内容の仕事になるでしょう。このデータ管理はパソコンを使える方が楽ですので、パソコンもある程度は使用できたほうが良いかと思います。そして、企業内従業員の一看護師の立場ですので、仕事の成果を出すことを求められると思います。

感冒やうつ病などの罹患率、受診率なのど増減。体調不良者の欠席者の現象など、何でデータ判断するかはわかりませんが、ある程度はプランー実施ーアセスメントー評価のサイクルを回せるぐらいの経験看護師が良いかと思われます。また、自分自身だけで判断することも起こるので新卒者は従事しない方が苦労は少ないと思います。

産業看護師になるためには?

いくつかの条件が必要

今回は、日本産業衛生学会産業看護部にて認定している「産業看護師」について説明致します。以下は日本産業衛生学会HPより転記。産業看護とは、事業者が労働者と協力して、産業保健の目的を自主的に達成できるように、事業者、労働者の双方に対して、看護の理念に基づいて、組織的に行う、個人・集団・組織への健康支援活動だそうです。

そして、産業保健の目的は、

  1. 職業に起因する健康障害を予防すること
  2. 健康と労働の調和を図ること
  3. 健康および労働能力の保持増進を図ること
  4. 安全と健康に関して好ましい風土を醸成し、生産性を高めることになるような作業組織、労働文化を発展させること

などです。2015年6月にて1,582名の産業認定看護師が存在しています。成り方については、学会のHPに詳しく出ていますので、参考にしてください。

求人情報は少ない?

産業看護師の求人情報は正直に言うと、あまり多くないのが事実です。新しく産業看護師をおきたいと思われる企業、または産休に入ってしまい長期の間を任せられる。という場合があると思います。新しく始めるところは、国から保健指導の導入を指導されたところでしょう。看護師のみなさんも、自分たちが働いているときは自分たちが看護師であったので、保健室などなかったですが、企業はそうはいきません。

対象は大人になるので、そうそう手に負えない人も来ることはないかと思いますが、現在の懸念は精神的な波を持っている方たちの方かもしれません。2人体制で行うことにするところもあったりすので、求人会社に「企業看護師の求人が出たら教えてください」とお願いしておくのもが近道かも知れないでしょう。

産業看護師について、お話してきました。病院看護師の以外に看護師が働く場を得たのは産業看護師だったと思います。2000年になる前から過労死の問題などがあげられ、看護師も労災認定が降りている亡くなられた方がいらっしゃいます。このような時代背景から、企業に健康管理をする専門家を置く必要があると国が動き出したというのが、生まれるきっかけではありましたが、働くその場で看護を受けることができるようになれば、それだけ安心して、安全に従業員の方が働くことができるのは、企業としては願っていることだと思います。産業看護師の仕事の口でブラック企業は私は聞いたことがありませんが、くれぐれもご決断される時には気をつけてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ