看護師のバイト事情-時給や内容、日払いなど-

ライター:鈴本 鈴

看護師のアルバイトに関するエリア毎の時給や日払いの有無、バイトしていることがバレないかなど…
夜勤だったり、採血、健康診断など、こんな内容のバイトが多いなどのお話を紹介します。

baito

様々な所で看護師という資格を活かして働いている人が増えてきています。ひとつの場所で看護師として常勤するだけでない現在の看護師ワークのスタイル。
ただでさえ高給取りと言われる看護師ですが、Wワークをしたり、働くスタイルを自由に決められるようになってきています。看護師のWワークやアルバイトなどの現状をお教えしましょう。

看護師の本職・アルバイトのWワークが普通になってきた

今やネットを開けば「看護師求人サイト」が現れてくる。そんな時代となりました。
看護師はいわゆる「手に職」をもっていることから、「職にあぶれることがない」という職業の一つです。

そんな看護師の求人状況は、H24年度では求人数171,156人 求職者数63.309人 就職者数11.993人(参照:http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-12601000-Seisakutoukatsukan-Sanjikanshitsu_Shakaihoshoutantou/0000025363.pdf)となっています。
どうでしょう…求人数に全く希望者の数が追いついてないですね。
このような状況から、売り手市場となっている状況であり、看護師のアルバイトの求人はたくさんあります。
もちろんアルバイトだけでなく、常勤も豊富にあり、全国で求人されています。

そのような中で、雇用側としては自分の職場に集中してもらいたいのは当たり前だと思いますが、看護師を確保していくためには潜在看護師(看護師資格を有していながら看護師として就職をしていない看護師のこと)に出てきてもらわないと人手不足を補えない状況であり、非常勤看護師の求人が多くなってきています。

基本的に、非常勤とは「臨時で、日数、時間数を区切った勤務」であり、アルバイトは「副業で行う短時間労働」のことを指しています。
厳密な違いはないのですが、例えば、大きな病院に看護師として勤務しているけれども、時間外勤務もないし、時間も余裕があるからお休みの日に別の場所で働いて稼ぎたいな…となればアルバイトとして探すことになるでしょう。
この場合、注意が必要になります。大体の病院は正職員のアルバイトを禁止しています。
これは、法律的には禁止されることではないのですが就業規則に出ているのです。ですから、就職する時にWワークが可能なのか?を確認することが必要です。

このように、就職先を見つける看護師が増えてきているのでWワークが普通の時代になってきつつあります。
一昔前では、大学病院に努めていても勤務医に出張先の手術介助に休みに来てくれないか?とか、手伝いに来て…などの声をかけられることがりましたが、現在はこのような医師からの話は少なくなっていると思われます。




看護師はアルバイトでも高給取り

世の中の最低賃金は、地域によって違いがあります。
現時点で東京都は888円、秋田県は679円。100円以上も違いがあありますが、看護師としての時給の違いも同じ程度見られているようです。

東京都において看護師の時給を見てみると、ピンキリではありますが正看護師であれば1400~円ぐらいが相場ですね。
1400円では働かないという看護師が多いの出ないかと思いますが、、、、、同じ看護師であっても処置が多かったり、患者さんの急変対応があったりなどの仕事の内容によって時給が変わります。
経験年数を加味してくれるところもありますが、時給では加味しないところの方が多いのでないでしょうか?経験年数は常勤にて就職する時には加味されと思います。
看護師は無資格者の最低賃金からみると倍額以上を稼ぎ出すことができるのですから、高給取りと言えるでしょう。

コンビニなどのアルバイト求人をみても、1000円行かないぐらいだったりして、深夜時間で1000円超ぐらいでないでしょうか?
求人の中には、2000円超のものもあるので、紹介所になにを大切にしているのか?をよく相談することだと思います。
2000円ぐらいの時給を稼ぎ出したいと思うのであれば、やはり看護師となってからの就職先では3~5年は勤務して、一通りの看護ができるようになっていることが必要になると思います。長く勤めて損はしない看護職だと思います。

アルバイト看護師の実際ってどんな状況でしょう

Wワーク看護師の増えて来ていることは先ほどにも話しましたが、どんなふうに働いているのか?具体例をお話してみましょう。

例えば、看護師Aさんは、B病院で常勤看護師として月~金まで日勤をしています。土日はお休み。
お仕事にも慣れてきて、土日の休みが毎週必要ないと感じてきたからアルバイトしようかと考えて求人サイトで紹介を受けて非常勤看護師の職を探します。
こんなふうになった時に、まずはB病院がWワークが可能であることが必要になります。Wワーク(兼業)とは法律で禁止しているこではありません。しかし、病院によっては罰則があることもあるので注意してください。解雇などもありますからね。

そして、求人業者に紹介してもらう先の組織もWワークが可能であることは条件になります。
Wワークしていることが病院や施設に分からなければ、わざわざ確認しなくてもいいのでないの?と思ったりしますが、トラブルを回避するには確認が一番ですよ。大体、Wワークってどんなことからバレてしうまうのか?っとなると、住民税からなのです。知ってました?
同じぐらいのお給料を払っているのに、片方だけ住民税が多い?ってなるとおかしいでしょ?これで事務方からWワークをしているのでないか?の疑いから報告されてしまいます。

後は、自分で知らない内にバラしてしまっていること。内緒だけどって話からうわさになってしまうとか、、、ないだろうと思っていることも、意外な場所から漏れたりします。

それと、医療業界は意外と狭かったりするものです。つながりは不思議なものですので、どこかから漏れてきたりします。
そして、そんな噂を耳にした時、妬みから上司に何気なく伝えたりする人もいます。
こんなことは何度か私も耳にしたことがあります。そのぐらいなら警告で済みますが、看護部長とか事務方が知るようになると解雇にも発展してしまいます。

そんな偶然?ってことでは、非常勤医師から見つかってしまった。ということがありました。
医師達はいろんな所で働いていることがあり、医師本人達は看護師がアルバイト禁止だと知らないことが多いのです。
なので「バイト先にもいたよね」なんて、ナースステーションで話しかけられてしまったのです。しかも、師長さんがいるときに、、、、バツが悪い。何故、今言ったの?ということですが、こんなことで困らないようにWワークが可能なのか?確認しましょう。

先ほどのA看護師さん。B病院はWワーク可能で紹介病院を面接受け、土曜日の夜勤専従看護師を見つけました。C病院。
この夜勤専従看護師って毎週とか、月2~3回とか色々と細かく条件をつけれることもあるので面接の時に十分と話し合うことが必要ですよ。
非常勤看護師を続けていくには看護師スキルと交渉術も持ち合わせると強いです。




看護学生でもアルバイト可能!進学コースの学生は資格を活かすべき

看護学生さんは、ほかの学生さんよりもハードな毎日を過ごしているかもしれないです。レポートがかなり多いのですよね、実習記録だって馬鹿にならないです。とにかく「書く」ことが多い。ってことは考える事が多い。

そんな中で、長期休みにアルバイト考えるとなると「看護体験」が一番に来るのでないでしょうか?
働いてみたい病院にヘルパーとして看護師と一緒に働いてみるということです。看護師が高給なのは資格に対してなので同じような金額とは行かないですがバイト料は入ります。そして、実習ではわからない人間関係を知ることが出来ます。

進学コースの准看護師の資格をもっている看護学生さんは、准看護師としてアルバイトできるでしょう。
アルバイトであれば准看護師と正看護師の時給に差をつけていない場所もあります。
意外と先輩から受け継いでいるアルバイトというのがあったりしますので、聞いてみるのも良いかと思います。

学校ではアルバイト禁止になっていることもありますが、学業がおろそかにならなければ退学とかはないのでないでしょうか、、、、
私は進学コースの学生でしたが、「学生なので」ということで常勤にならない後ろめたさもなく夕方3時間だけの勤務などのアルバイトも准看護師資格ですることができました。
実習でなければ夜勤のアルバイトもしましたし、夜勤明けで学校に行くということもしていました。金額さえ気にしなければ忙しさの少ない職場はたくさんあります。0時と3時のラウンドだけしかすることがないとか、、、、それでもコンビニでアルバイトするよりも高級になると思います。

面白い形態だったのは、小さな美容外科クリニックで日中に美容整形の手術を受けて一泊する人の夜勤看護師としてのアルバイトなどもありました。
患者さんは一人。しかも重症とかでなく、痛みへの対応ぐらいの仕事しかなかったです。記録もない。
これで確か15000円ぐらいを頂いと思います。日中の手術介助から働いていたので一日で30000円ぐらい稼ぐことができたりしました。
このお給料の支払いは「日払い」でした。進学コースの看護学生さんは是非、資格を活かしてアルバイトした方が金銭的には豊かに過ごせると思います。

ちなみに、看護師の給料に関して「日払い」というのは珍しいことだと思います。なくはないのですが、大体が○○日締めの○○日払い。という感じだと思います。働く人たちが多いので個人に、その日払いをするのは大変ということがあると思います。

しかし、月に1~2回しか勤務しないとかになる時は、日払いを相談してみるものありです。
健康診断業務などのアルバイトでは、「日払い」でうけとれることがありますが、お給料をどこが支払うのか?によって違いがあったりします。
健康診断業務に行くのに、派遣会社がお給料を払う形だと月給になる可能性が多いです。しかし、検診を依頼した会社が直接看護師に払うとな
ると、日払いもあります。しかし、看護師の仕事では少ないのが実情です。

看護師のバイト内容はどんなものがあるの?

看護師のアルバイト情報として、具体的にどんなことがあるのか?と思う人もいらっしゃいますよね。
看護師の募集なんだから、業務内容は看護でしょ?とお思いかと思いますが、看護業務と言っても募集の際には具体的なことをセレクトすることができます。

健康診断業務でも、検診介助(血圧測定、レントゲン介助、採血)もあれば、採血だけの募集もあります。
このような業務体系働きたいとなるならば、派遣会社に登録するのが早いと思います。
派遣会社では、車椅子での病院受診の付き添いとか、気管切開している人の外出の付き添いとかもあります。この場合は日給。
日払いだったりします。ありがちなのは、一度、紹介で派遣された時に個人的にお願いできますか?と患者さん側から依頼を受けたりすることもあるようです。
このような時は派遣会社に払う分を個人にいただけるので高額になりますが、かなり自分の看護の力量に自信がないとできないかもしれないですね。

単発で入浴介助者を募集している訪問看護業者もあります。
○月○日とか、○日~○日までなどの内容です。このような場合、お給料は日払いだったりは面接の時に調整できたりするようです。

それから、よく耳にして比較的金額的にも高額なのが、小、中、高学校の修学旅行への添乗です。林間学校や臨海学校に一緒に行くのですが往復は別でも構わない。などあったりします。対象は健常児から障害児まであったりします。
学校関連では、修学旅行だけでなく日常の授業時に気管切開をしている児童の付き添い看護などを募集している時もあります。実際には区役所で募集を出していたり、個人のご家族が区役所に願い出たりしていることがあるようです。

他には「看護学校の実習指導員」というのもあったりします。週に3日だけなどで実習中だけ同行するという内容です。
学生が看護実践する時の付き添いし一緒に実践する人です。これは結構ハードだと思いますが、やりがいはあるかと思います。看護教員講習修了などの縛りがなく臨床経験5年以上などの資格で募集していることがあります。

一口に看護師募集といっても、看護師の働き方も様々になっていて、資格を活かして働けるところも増えてきています。
病棟や外来で看護師として働くだけでない需要がありますので、臨床現場で嫌な思いをしたりして現場はしたくない。と思う看護師さんも、今一度見直してみると看護師として働く場所が見つかるかも知れないです。

このように看護師は色々な形態でアルバイトができます。
収入や目標の為に、資格を活かしてアルバイトも頑張りましょう。




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ