看護師の転職で起きやすい失敗を知ろう!

ライター:鈴本 鈴

看護師の転職で起きがちな失敗がいくつかあります。
働きながら転職活動するときや、求人サイトを活用するときの方法など知っていたほうが得することがあります。
看護師として今よりも良い仕事をしたいと転職するのでしょうから、失敗ないように心がけましょう。

看護師の転職失敗

看護師が働きながら転職しようとするときに起きやすい失敗

看護師が働きながら転職活動をしようとする時、手続きや書類の準備が滞り易くなります。
毎日の勤務の中で、履歴書を作ったり、看護師免許を探し出したり、寮に入っている人は引越しの手続き・準備までしなくてはならないです。仕事しながら転職活動するときは求人サイト担当者や、次の転職先との連絡を仕事で出来ないということが無いように連絡の時間帯を決めておくのが良いでしょう。

また、スムーズに現施設の退職を進めることが必要です。必ず退職できるという確認を取れてから転職活動をしていきましょう。
辞められるはずだったのに、土壇場になって辞められないということもあるようです。
慌てる必要はありません。次の職場が決まっていることや退職理由を落ち着いて伝えて行きましょう。

看護師にありがちな転職てから「こんなはずじゃなかった、、、」を避ける

大きな病院で数年働いて、忙しいばかりで私生活を充実させようとして忙しさの少ない民間病院に転職を成功させたりした時に起きやすいことです。
何に対して「こんなはずじゃなかったのに、、、」と思い易いのかというと、施設内でシステムについてです。
大きな病院では看護師の仕事においてもマニュアルが整備されており、どのようにするのかが決まっています。

初めから大きな病院で働いているとその事が当たり前になっているのでマニュアルがないことがわかりません。
物の位置ひとつとっても困ることになります。あまり気にすると自分でマニュアルを作っていくことになるので、せっかく忙しくない施設を選んだのに看護という仕事は忙しくなくても病棟整備に忙しくなりかねません。
あまり以前の施設のやり方にこだわらすに新しい職場のやり方に合わせていくことが必要です。

転職する前に、転職先に考えている施設の情報は求人サイトの担当者に確認して置くのが一番でしょう。




看護師は求人がたくさんあるから大丈夫と思っていると失敗しやすい

今は看護師の求人サイトがインターネットのどのページにも出てくるほど、看護師の求人情報は多くなっています。
どの施設も看護師を増やしたいと思っているし、思ったより職場の看護師は足りていない状況です。

求人情報に応募すれば必ず就職することができると思っていると失敗することがあります。
どの施設も看護師を欲しくて求人情報を出しているのですが、経営者としては自分の施設での貢献を考えているため、施設理念など調べて覚えておく必要があります。

複数の施設を面接していても、何故、その施設を希望したのかを面接前までに頭に入れておくようにしましょう。
どこでもあると思っていると就職ジプシーになってしまうでしょう。

注意!看護師求人サイトからのいいなりを避けること

再就職しようとして看護師求人サイトを活用するときに、失敗しないためには「自分がどのような働き方をしたいのか」を明確にしておく必要があります。

求人サイト側も施設と提携しているのであるから、なかなか決まらない施設からは急いでもらいたいことを言われることもあります。
なかなか決まらないというのには原因があるわけです。何が原因かわかりませんが人間関係や給料のことなどがあるのかもしれません。
自分の希望がなくて、「まぁそこそこのお給料だし、これでいいか」という条件では就職してから何かしらの不満が出てしまうかもしれないです。

求人サイト側もクライアントの貴方には希望の職場についてもらいたいと思っているのですから、思っていることを相談するつもりで活用して、希望の叶う施設を探していきましょう。




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ