看護師歴25年のキャリアから教える!看護師のイジメの実情

ライター:鈴本 鈴

看護師のイジメの現状やイジメの原因となっている事などを、25年の看護歴から実際に見てきた事例を元にご説明します。

看護師のイジメ

看護師もイジメがあるのか?

看護師にもイジメってあるのか?というと、「イジメられている」と感じている人がいるのは事実です。
イジメが認定されたことがあるかとなると、実際には職場内や病院内でとどまっていて事件になるまではならない内容ですが、イジメを感じている看護師には大変つらいことです。
上司が部下に対して、先輩が後輩に対して、正看護師が准看護師に対して、様々な立場で苦しめられている人がいるでしょう。
実際には退職していく人の中で「人間関係」に悩んで、どうしようようもなく辞めていく人がいます。

多くのイジメ?と感じられやすいこと

本当にイジメなのでしょうか?と感じるかもしれませんが、イジメられていると訴えてくる内容には「先輩の対応が他の看護師と違う」「挨拶しても返してくれない」「わからないから聞いたのに、いつも「調べてきて。」で教えてくれない」「私にだけ口調がキツイ」「揚げ足ばかり取られる」「飲み会を自分だけ知らされない」「こちらを見ながらコソコソと話している」「話を聞いてもらえない」などのことがありました。
具体的に誰のことなのか?いつのことなのか?聞いてみても、告げ口のような感じがするのか答えない人の方が多いのが現状だったりしますが、ハッキリと伝えてくる人が最近は増えてきました。
また、先輩と後輩の間に生じやすいこととして、上述のような関係になる前に、「課題をやってこない」「報告をしてこない」という先輩側からの不満が聞かれますが、ここから始まっていることもあるようです。




看護師とは何かを思い出すことは必要

看護師という職業に必要なスキルは「相手の立場に立つこと」です。
このようなスキルが必要とされている中で「イジメ」が存在するのか?と考えても、人が集まれば何が起こるかわかりません。
誰もがきっと「自分が先輩になった時にはこんなことはしない」という体験をしているのでないでしょうか?
そして、現在「イジメられている」と感じている人は、「看護師という職業であるのに、相手の気持ちも考えられず、感じられず、信じられない」と思っていることでしょう。
「相手の立場に立つ」ということは、自分勝手ではなりません。お互いのことであり、コミュニケーションが必要になります。自分が先輩になったとき誰もが誰かをイジメたいと思っている訳ではありません。相手の成長を願って指導をしていると思います。しかし、何かがうまくいっていないと思ったり、感じた時、「相手は自分の鏡」ですから、指導をしていて後輩に苛立ちや不満を感じたりしたのなら、ここは一度立ち止まるべきです。その後輩はあなたそのものかもしれません。

イジメの対象になるのにナースシューズや白衣もなり得る

それでは、実際にどんなことでイジメのように発展するのか?を経験からお話してみましょう。
誰でも人は「20秒で相手の第一印象の80%を決める」そうです。
他にも諸説あります。3秒、5秒、など、、、その先も影響を与える印象は4分で決まるとも言われてます。
看護師仲間内で実際にあったことですが、その病院ではナースサンダルが禁止されていました。しかし、入ってきた新人看護師が支給されているナースシューズでなく自分で購入したナースサンダルを履いていたのです。先輩看護師、上司とも病院で決められているナースシューズを履くように指導をしていました。勿論「足に落下物があった時に危険だから」という理由も含めてです。それでも新人看護師は「足が蒸れるので耐えられない」とナースサンダルを履き続けました。この新人看護師は先輩達からは「何を言ってもどうせ聞くつもりがない」と見られるようになってしまい、先輩看護師は、他の新人看護師との対応が変わってきました。新人看護師は次第に無視されていると感じるようになり上司に報告しましたが、まだ、ナースサンダルを履いています。これでは上司も受け入れられずに流すようになって行きました。事実、この方は辞めていかれました。
また、白衣で同じようなことが起こったりしたのも聞いたことがあります。
病院のユニフォームは5年に一度など見直しを行うことがあります。その看護師は変更前のユニフォームが気に入っており移行期間が終わっても、以前のユニフォームを返却せずに着続けていました。
ユニフォーム変更に納得していない人は、その看護師だけではありません。それでも病院で決まったことだから。という人もいるのです。そのような人に出勤するたびに「ユニフォームが違う」と言われ、その事を始まりに他の事まで言われるようになっていきました。このケースの二人共が「イジメられている」と上司に伝えていました。些細なことから色々なことが起こってくるのは事実でしょう、、、




看護師がするブログやSNSは要注意

また、イジメの実例として注意しておいたほうがいいことに「インターネットの活用」があります。
今は誰でもが自分で世界に情報を発信できます。
これは、誰が見るのかは特定できないということです。
病院によってはフェイスブックを禁止しているところもあります。おかしなことだと思ったりしますが、その中身の責任が取れない内容になったりするからです。
誰もがすでに知っていることかもしれないですが、個人の日記としてブログを記載したりしている人は注意しておきましょう。そのブログ、病院の人が読んでも大丈夫ですか?仲間が読んでも大丈夫ですか?相手が同じ視点でいるとは限りません。悪意が自分になくても、相手は悪意を感じたりするものです。細心の注意をしましょう。

看護の現場のイジメ?の解決

どのイジメに対してもだと思いますが、まずは「周りの人が放置しない」ことが大切です。
自分が働いていて、職場の雰囲気が悪いと感じた人が何かを発信しないと解決しないことが多いです。
イジメていると思われている側、イジメられていると思っている側、どちらに良い・悪いではないのです。
看護師の勤務は二人夜勤などがあるので表に出ていないことも沢山あると思います。実際に私自身もスタッフの状況を見ながら、勤務のスタッフの組み合わせには注意していました。
AさんとBさんの組み合わせにすると、翌朝来た時に仕事が終わっていない、コミュニケーションを取っていない、挨拶がない、などのことが起こっていると勤務の組み合わせは注意が必要です。これは上司が気づいていないとできないですが、気づいてもらうために自分から伝えることや、周りの人が報告することが解決に繋がったりします。
看護師のイジメと言われるものには「言葉の暴力」と「いやがらせ」でしょう。その職場にいる人が「自分には関係ない」ではなくて、自分の職場の雰囲気をどのようにしたいのかを決めて行動していく必要があるでしょう。
他に、解決するには当人同士のコミュニケーションが必要です。いきなり当人同士を話し合いさせようとしても悪化するだけですので、まずは当人同士をバラバラで思いを聞いて行く必要があります。第三者が必要なのでしょう。




コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ